アミューズメント施設で働きたい方にこの想いよ届け!

遊園地やゲームセンター等で働いてみたいけど、どういう仕事をするのか不安...。私にできるのかな...。なんて考えている方に、アミューズメント施設で働いている筆者が「AM施設で働く事の楽しさ」を全力で伝えるブログです!

【アミューズメント施設のお客様】スタッフ側の得意不得意編

遊園地やゲームセンターって朝から晩まで営業してますよね。

 

色々なお客様がいらっしゃる中で、ものすごく静かなお客様もいれば、お酒を飲んでウェイウェイ言っているお客様もいらっしゃいます(笑)

 

接客において非常に難しいポイントというのは、そのお客様によって何を求めているかが全然違ってくるところだと思っています。

 

例えば、ゲームセンターで「景品の取り方を教えて欲しい」と言われた場合です。

伝えることは『この端っこを押してみると良いですよ』だとしましょう。

 

盛り上がっている若い大学生のグループに対しては、

「ココを狙ってみると、こんな感じになるのでオススメですよ!またわからないことあったら声かけてくださいねー!」

 

一人で静かにゲームをしている方(あまり盛り上がりたくなさそうな方)に対しては、

「この部分を狙ってあげると割と動きやすくなるのでオススメですよ!また何かありましたらお声お掛けください。」

 

うーん、書いたは良いものの、文章だとなかなか伝わりづらいですね(笑)

 

ここで言いたいことは、お客様の求めていることはそれぞれ異なっていて、うっかり間違えた対応をしてしまうと、最悪クレームになる可能性だってあります。

 

上の例で言えば、一人で静かにUFOキャッチャーをしたい方に対して、つきっきりでアドバイスをするようなものです。

 

つきっきりでアドバイスするのが決して悪いわけではありませんが、お客様からすれば迷惑な話ですよね。一人で気兼ねなくプレイしたいのにできないなんて。

 

 

遊園地やゲームセンターで働いていると、スタッフによっては得意な客層・苦手な客層というのが存在します。

 

現在働いているゲームセンターにて、とある男性スタッフが私のところにきて、

「あのお客様グループの対応方法がわからないので変わってもらえますか」と言ってきました。

聞くと、お酒を飲んできて非常に盛り上がっているグループでした。それだけならまだしも、狙っている景品がパワー調整がうまくできておらず全然取れていないそうで。

 

私はお酒を飲んで盛り上がっているお客様の対応は得意(好き)だと自負しているので、問題無く対応が終わりました。

対応方法としては、

私も一回プレイしてみて、これは持ち上がらないとわかったので、「持ち上げて取る」のではなく、「押して取れる」位置に景品を移動してゲットしてもらったという感じですね。

もちろん、かなりの数をプレイされていたのでそのように対応しましたが、2.3回しかやっていない場合は、別の対応方法にします。

 

ちなみに、なぜお酒を飲んで盛り上がっているお客様の対応が得意かというと、理由は二つあります。

1. 私が何も言わなくても・しなくても、身内で楽しそうにしているから非常に話しやすい。

2. 何を求めているかが明確(思ったことを口にしてくれるので)

 

といったところですね。

なので、私の場合は「あまり盛り上がりたくなさそうな方」の対応が人並みしかできないなーと思っていたりします。

 

不得意なお客様はわざわざ見分ける必要はありませんが、得意なお客様を見分けることによってどんどんと接客レベルが上がって行くと思いますよ!

 

 

 

「このブログいいなっ」と思って頂けたら、下もしくはサイドバーの【にほんブログ村】をぜひクリックくださいませ!

ランキングが上がってとても嬉しい気持ちになります(笑)

たくさんのクリック、本当にありがとうございますっっっ!!  

にほんブログ村 就職バイトブログ アルバイトへ
にほんブログ村

【アミューズメント施設の研修について】

どんなバイトでも一定の研修制度ってありますよね。

 

その会社やお店のルールを座学で教えてもらったり、挨拶の練習をしたり、、、。

 

今回は、そんな研修にスポットを当ててみていきましょう。

 

 

結論から言います!

遊園地・ゲームセンターの研修は、基本的に大変です!!(笑)

遊園地やゲームセンターってマイク使ったり常に笑顔でいたり、割と普段しないことをするのである程度の練習が必要なんですよね。

 

ちなみに、「基本的に」と言ったのは、会社・店舗によって研修内容が全然異なるからです。

 

例えば、私が以前働いていたA遊園地では、研修期間が4日間あり、何十人かが同じ部屋で挨拶の練習、礼の練習、笑顔の練習、祝福の練習(お誕生日の時にやる、おめでとうございます他)等を、ずっと『全力で』行なっていました。

それはもう声が枯れるくらいに、、、。

 

まさに軍隊みたいでしたね(笑)

 

研修が辛すぎて、2日目から来なくなった人もいたくらいでした。

 

筆者も「ここはやばい」と思い、帰りの電車で次のバイトを探していました。

結果的に研修はやり遂げましたが。

 

でも、次に働いたB遊園地では、挨拶の練習くらいはあったものの「全力で」ではなくて、「形式上やりました」感が非常に強かったです。

 

また、Cゲームセンターでは、座学しかなく、特に挨拶の練習等はしませんでした。

 

座学というのは、「どのような会社ルールで運営しているか」「運営店舗のスローガン」「運営会社の体系」とかです。

 

書いているだけで、本当に研修もピンキリだな~と思います。

 

全力でやらないと怒られる研修もあれば、ただ研修マニュアルを読んで終わる研修もありますから。

 

色々な研修を受けてきた筆者の主観ですが、【研修は厳しいところが良い】と思います。

その理由として、

1. 接客に自信が出る

2. 挨拶や笑顔が自然に良くなる

3. まわりのスタッフと一体感が生まれることによって、一気に仲良くなれる

があります!

 

【厳しい研修=良い研修】だと考えて頂けると嬉しいです!

 

ちなみに、研修が厳しいか厳しくないかを見分ける方法があります。

直接現地に行く必要がありますが、

1. スタッフがしっかりと笑顔になっているか

2. スタッフ同士でふざけあっていないか

3. フロアからスタッフ専用ドアを通るとき、フロアに向かって挨拶しているか

4. 「お客様に楽しんで頂きたい」という想いが伝わってくるか

です。

 

厳しい研修を先に受けると、自分の中で「接客における当然のレベル」が上がるので非常にオススメ!

 

何かご質問があればコメントにて!お待ちしております!

 

 

「このブログいいなっ」と思って頂けたら、下もしくはサイドバーの【にほんブログ村】をぜひクリックくださいませ!

ランキングが上がってとても嬉しい気持ちになります(笑)

たくさんのクリック、本当にありがとうございますっっっ!!  

 

にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村 

【遊園地・ゲーセン必須、インカムの使い方】まとめてみた

遊園地やゲームセンターで働く際、インカムをつける場面が非常に多いと思います。

 

私自身、初めてインカムを使うときはそれはそれは緊張したものです。

 

だって私の声が、インカムをつけている大勢の人に聞かれるんですもん(笑)

 

言い間違えたらどうしよう、噛んだらどうしよう

なんて考えたらインカムなんて怖くてなかなか使えません。

 

という思いから、

初めてインカムを使う人向けに、色々まとめてみました。

 

 

まずはここから学んでいきましょう。 

インカムを使用するメリットはなんなのか?

答えは単純で、「広いパーク内やフロア内で情報を共有する媒体があると、情報共有や色々な対応が非常にスムーズにできるから」です。 

 

ケーススタディ

ケース1.

落し物を拾ったけど、アトラクションを一人で運行中でその場を離れられない場合

→ インカムでだれかスタッフを呼んで回収してもらう。

ケース2.

迷子の捜索依頼がお客様からあった場合

→ 迷子の特徴を聞いて、インカムで全体に共有。

ケース3.

お客様から質問があったものの、対応方法がわからない場合

→ インカムを利用して社員さん等に聞けば、その場を動かずにスムーズに対応できる。

 

その他にも色々ありますが、想像に難くないと思うので割愛致しますね(笑)

 

ではその次のステップ!

 

インカムがうまく使えない。なんて方にワンポイントアドバイス

1. 周囲がうるさい時は、口とマイク部分を手で少しおおうか、マイクを口元にしっかりと近づけましょう。

2. スイッチを入れたら数秒待ってから話し始めましょう。

3. ゆっくりとはっきり話しましょう。

 

上記3つを意識するだけで、インカムの使い方は飛躍的に上手くなりますよ!

 

それではこちらもケーススタディで見ていきましょう。

・「周りの音がうるさくて声があまり聞こえない」と言われる。

→当然ですが、インカムマイクは人間の声のみひろってくれるわけではないので、周囲の音も入ってしまいます。

もし周りがうるさい場所であれば、口とマイク部分を手で少しおおってみて下さい。

そうすると周りの音が少し遮れるので相手方はかなり聞きやすくなります。

 

・「話始めの言葉が切れてる」と言われる。

→「おはようございます」 が 「 うございます」になっているような感じです。

インカムはマイクONのスイッチを押した後、ほんの数秒(私個人の体感では2-3秒)だけ接続に時間がかかります。

接続中に話してもマイクは入りませんので、スイッチを入れたら数秒待ってから話し始めると頭からキレイに声が入ります。

 

「言葉が聞き取れない」と言われる。

→早口になってませんか?始めの方は緊張して早口になりがちですが、それだとなかなか聞き取れません。深呼吸してゆっくり話してみましょう。

 

 

最後です!

インカムを使いこなすとこんな良いことがあります!

・誰が話しているのか、声を聞けばわかる。

→自分の名前を言わずにインカムが入る時があるのですが、そんな時でも「あっ、誰々さんがこう言ってるから後で引き継ぎしよう」なんて事も出来ます。

 

・どのスタッフがどこにいて何をしているかがある程度分かるようになる。

→メダルコーナー担当のAさんは今落し物を探しに行っていないから、もしメダルコーナーで呼ばれたら出来るだけ私が対応しよう   なんて事も考えられますね。

 

・とりあえず困ったらインカムで聞けば良いやと開き直れる(笑)

→どんなベテランスタッフでもその場でわからないことは必ずあります。そんな時にインカムが無ければ、お客様をお待たせしたまま社員さんや責任者を探したりしないといけないですから大変です。でもインカムがあれば、その場で誰かに聞ける!指示を仰げる!こんな便利なものはそうそうありません。インカムさえあれば100人力です。

 

・社員さんにたくさん仕事をしている事をアピールできる。

→社員であればほとんどの場合インカムを常に付けています。インカムで何かを言う=社員さんの耳に届くことになるので、遠回しにしっかりとアピールできます。(笑)

 

 

以上、インカムの使い方でした!

インカムって楽しいんですよね、私はインカムが大好きです(笑)

自分がいなくても、その場の状況がわかるっていうのが便利すぎて!!

ハマりすぎて個人的にインカムを購入してしまいました!

アマゾンにて2つセット6,500円くらいのものを。

 それがこちらです。

 

まぁ日常生活では全く使いませんが、インカム使った鬼ごっことかドロケイとかめちゃめちゃ面白いですよ!!

 

良ければ練習含めてやってみてください!というナゾの締め方でした!

 

 

「このブログいいなっ」と思って頂けたら、下もしくはサイドバーの【にほんブログ村】をぜひクリックくださいませ!

ランキングが上がってとても嬉しい気持ちになります(笑)

たくさんのクリック、本当にありがとうございますっっっ!!  

 

にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村 

【とあるゲームセンターでのアルバイトの一日】まとめてみた

ゲームセンターのスタッフはどんな仕事をしているのでしょうか。

お客様がたくさんいらっしゃる時はもちろんフル接客ですが、あまりお客様がいらっしゃらない時は??

 

という声がありそうなので、遊園地に負けじとゲームセンターもまとめてみます。

 

 

一般的なゲームセンタースタッフの業務は大まかに分けて

・お客様対応

・景品補充

・エラー対応

・諸対応(迷子や落し物対応等)

・清掃

の5パターンに分かれると思います。

 

まずは1日の流れを書いてみますね。

営業時間は10時オープン24時閉店としましょうか。

 

だいたいのゲームセンターが「早番・遅番」の2パターンかと思います。

 

早番9時に朝礼朝礼後オープンチェック10時にオープン諸業務フロアの状況見ながら順番に休憩諸業務17時くらいに終了。

※私が働いているゲームセンターはオープンの1時間前に朝礼をしています。

※オープンチェックでは、UFOキャッチャーのメーター取り(どれくらいお金が投入され、どれくらい景品をゲットしていただいたかを確認)、景品の初期設定し直し、清掃をしていることが多いです。

 

遅番17時に朝礼諸業務フロアの状況見ながら順番に休憩諸業務クローズ作業終了。

※フロアやパーク内で早番と入れ替わる形で遅番が出勤するイメージです。

※クローズ作業では、景品の補充やゴミ回収が主ですね。メダルコーナーがある場合は、筐体の中にある余分なメダルを回収したりします。

 

非常にざっくりですが、こんな感じです。

 

ゲームセンターの場合はこの時間にこれをしないといけないっていうルールが少ないので、全体的にフロアを見て都度都度必要なことをします。

「諸業務」と一括りにしたのにはそれが理由です。

5つの業務内容をこなしていくイメージです。

 例えば、

・UFOキャッチャーの景品がゲットされ、狙える位置に景品が置いてないのであれば、景品の置き直し

・汚れている箇所を見つけたら清掃

・たくさんプレイしているのに、なかなか景品をゲット出来ないお客様が居たらお声を掛けてアドバイスor少し景品をずらす

・お客様からエラーが発生と言われれば、そのエラー対応 等

 

遊園地に比べて固定のポジションがあまり無いので自由度は高いですね。

 

エラー対応は覚えることが多いので少し大変かもしれませんが、どの台にも共通しているエラーも多々あるので、一つの台毎にエラーの内容を覚える必要はありませんのでご安心ください!

 

以上、とあるゲームセンターでの一日でした!

  

 

 

「このブログいいなっ」と思って頂けたら、下もしくはサイドバーの【にほんブログ村】をぜひクリックくださいませ!

ランキングが上がってとても嬉しい気持ちになります(笑)

たくさんのクリック、本当にありがとうございますっっっ!!  

 

にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村 

【とある遊園地でのアルバイトの一日】まとめてみた

遊園地のスタッフはどんな仕事をしているのでしょうか。

お客様がたくさんいらっしゃる時はもちろんフル接客ですが、あまりお客様がいらっしゃらない時は??

 

という声がありそうなのでまとめてみます。

 

私はアトラクションのポジションしかしてこなかったので、以下アトラクションスタッフのお話になります。

 

一般的な遊園地のアトラクションスタッフの業務は大まかに分けて

・アトラクションの運行

・諸対応(迷子や落し物対応等)

・担当アトラクション・周辺の清掃

の3パターンに分かれますと思います。

 

 まずは1日の流れを書いてみますね。

営業時間は9時オープン23時閉店としましょうか。

 

募集要項みても、だいたいの遊園地が「早番・中番・遅番」とあります。

遊園地の営業時間によっては「早番」のみとか「早番・遅番」のみもありますが、ここでは「早番・中番・遅番」の動きを見ていきます。

  

とは言っても、大体が同じルーティンですが(笑)

 

早番8時に朝礼朝礼後オープンチェック9時にオープンアトラクション運行12時〜13時くらいに休憩アトラクション運行 16時くらいに終了

※私が働いた2つの遊園地では、オープンの1時間前に朝礼をしていました。

※オープンチェックでは、当日に運行するアトラクションが問題無く稼働するか自分で乗って安全を確認します。その後は清掃ですね。

 

中番:12時に朝礼アトラクション運行15時〜16時くらいに休憩アトラクション運行終了

 

遅番16時に朝礼アトラクション運行19時くらいに休憩アトラクション運行クローズ作業終了

※フロアやパーク内で早番と入れ替わる形で遅番が出勤するイメージです。

※クローズ作業は主にアトラクションの清掃です。あとは次の日の早番が苦労しないように消耗品の確認をしたりします。

 

非常にざっくりですが、こんな感じです。

全てに共通して言えることは、手が空いている時間には清掃をしたりしますし、迷子の捜索や落し物を探したりなんてこともしたりします。

 

ちなみに

「早番・遅番」しかない場合は、単純に中番のルーティンがないだけです。

「早番」しかない場合は、営業時間が短い場合ですね。オープン作業からクローズ作業まで全て行います。

 

一日中同じアトラクションを運行することもあれば、午前と午後で違うアトラクションを運行することもあります。

 

気になるようであれば、面接時に聞いてみると良いかもしれません!

それだけやる気があるって見られることも十分に考えられますので、一石二鳥ですね!

 

以上、本内容はこんな感じで!

  

 

 

「このブログいいなっ」と思って頂けたら、下もしくはサイドバーの【にほんブログ村】をぜひクリックくださいませ!

ランキングが上がってとても嬉しい気持ちになります(笑)

たくさんのクリック、本当にありがとうございますっっっ!!  

 

にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村 

【遊園地・ゲームセンターの面接で聞かれる事】ざっくりまとめ

「遊園地・ゲームセンターでのバイトしてみよう!」と決めたものの、面接に受からないと元の子もありませんよね。

 

今回は『面接で聞かれそうな事』と併せて、『面接時のポイント』を解説していきます!

 

※筆者の経験と考えに基づいて書いてますので、ここに載っている考えを全て実行すれば必ずと面接に通る、というわけではありません。予めご了承ください。

 

それでは早速本題に移りましょう!

 

 

『面接で聞かれそうな事』

なぜこの施設(以下、面接を受ける先)でアルバイトをしようと思ったのでしょうか?

→例えば、遊園地で働きたいだけであれば、別の遊園地でも良いわけですよね。『なぜココなのか』を意識しましょう。

 

この施設へは遊びに来た事はありますか?

→面接を受ける前に一度は面接予定の施設を利用した方が良いと思います。

今までの面接ではマストで聞かれました。『遊びに来てから面接を受ける=働くイメージがなんとなく出来ている + それだけココの施設が好き』という印象を持ってくれるはずです。

 

土日祝日や繁忙期にシフトに入れますか?

→忙しい時ほど人員が欠けますからね。

「入れない」なんて言葉は絶対に言わないようにしましょう。最低でも『日程を調整して出来るだけ入らせて頂きたいです』くらいが良いと思います。

 

どれくらい長く続けられますか?

→これはどのバイトでも聞かれる事かもしれませんね。

長く働いてくれた方が仕事をたくさん任せられますし。何より社員が楽になりますからね(笑)

 

(今までにアルバイトをしていた場合)以前のアルバイトはどのような仕事をしていましたか?

→接客の経験があるか、今までの仕事がどのように生かされるかをアピールすると良いと思います。

 

と言ったところでしょうか。

 

『面接時のポイント』

面接官の目を見て話す。

→相手に伝えるには目を見て話すのが良いです。ただ、目をずっと見過ぎるのは威圧感を与えてしまう恐れがあるので時々反らしたりする必要もありですね。

 

笑顔で話す。

→遊園地・ゲームセンターは楽しい場所です。なのに関わらず、スタッフが無表情や怒っている顔だったら嫌ですよね。なので、フロアでは基本的に笑顔でいる必要があります。

面接でも笑顔が出来ているか(出来そうか)判断されますので、しっかりと笑顔が出来るアピールをしておきましょう。

また、笑顔でいると とても楽しい空気になるので、話も弾みますし面接官により良い印象を与える事ができると思います。

 

ポジティブ思考で受け答えする。

→ポジティブ思考であれば少し嫌な事があっても笑顔を作れます。

どうしても理不尽なお客様がいたりしますが、ポジティブであればあまり気になりません。

また、遊園地・ゲームセンターで働くにあたって、「ポジティブ思考の人間」は周りにも良い影響を与えますから、非常にプラスに働きます。

 

ただ話すだけでなく、身振り手振りを使って面接官に伝える。

→「身振り手振りを使う=それだけ相手に伝えたい」事だと感じませんか?

また、お客様と楽しさを共有したり、色々と説明するにあたって、言葉だけだと周囲の音や雰囲気に負けてしまいます。なので身振り手振り(ジェスチャー)がとても大切になってきます。

面接の時に身振り手振りで説明できれば、それも面接の合格に近くポイントとなります!

 

以上、【遊園地・ゲームセンターの面接で聞かれる事】ざっくりまとめでした!

 

 

「このブログいいなっ」と思って頂けたら、下もしくはサイドバーの【にほんブログ村】をぜひクリックくださいませ!

ランキングが上がってとても嬉しい気持ちになります(笑)

たくさんのクリック、本当にありがとうございますっっっ!!  

 

にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村 

【ゲームセンターで働くメリットとデメリットをお伝えします】

遊園地然り、ゲームセンターでも働いてみることを全力でオススメしている私ですが、もちろんデメリットも存在します。

 

今回はゲームセンターのメリットとデメリットを、筆者の経験上から見ていきます。

 

遊園地のメリット・デメリットと被っている部分もありますが、ゲームセンター独自のメリットやデメリットもありますので、しっかり見ていきましょう!

 

『メリット』

 

・初めての人と話すのがあまり苦痛ではなくなる。

→遊園地と同じように、当然ながら働くたびに初めてのお客様を接客しますし、こちら(スタッフ)から話かける機会も多くなる為、かなり耐性が付きます。

 

・話し方が上手くなる。

→お客様にゲームのルール説明をしたり、どうすればUFOキャッチャーの景品をゲットできるか説明したりするので、いかに分かりやすく説明できるか考えるクセがつきます。

 

・楽しい仲間が増える

→遊園地やゲームセンターで働いている方は基本的に似たような方がたくさんいます。(笑)

声優志望や舞台志望の方等、いい意味で賑やかな方がたくさんいるので、非常に楽しいと思います。

 

・UFOキャッチャーのスキルが上がる

→業務中に自分でテストプレイをできるので、自然とコツを覚えていきます。また、自分で筐体(UFOキャッチャーの台)を設定したりする事もあるので非常に楽しいです。

 

 

『デメリット』

・世間一般の休みが休みではなくなる。

→やはり土日祝や長期休みは忙しいですから、人員がいない場合は社員さんから「出て欲しい」なんてお願いされる事があります。 

 

・普通の人は、一度は喉をやれられる。

→普段使わないレベルで大声を出したりするので、初めて遊園地で働く人・声の仕事をしていない人は声が枯れる可能性が非常に高いと思います。

 

 

と言ったところでしょうか。

 

それにしても、相変わらずこれらのメリットは社会人になってもダントツで通用する非常に優れたものだと思いませんか?

 

UFOキャッチャーのスキルは社会人というよりかは、プライベートでふらっと立ち寄ったゲームセンターで簡単に景品をゲットできたり。

かっこいいですね!

 

やってみたいけど自分にはできないかも、なんて考えていても、やらなきゃいけない環境になったら割と楽しくできると思います。

 

ぜひ一歩を踏み出して、楽しくて有意義な素敵な生活を送りましょう!

 

「このブログいいなっ」と思って頂けたら、下もしくはサイドバーの【にほんブログ村】をぜひクリックくださいませ!

ランキングが上がってとても嬉しい気持ちになります(笑)

たくさんのクリック、本当にありがとうございますっっっ!!  

 

にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村